フードデリバリー配達日報、ニュース 出前館 最新記事

出前館法人委託ってどうなんだろう②ズバリ個人委託との報酬比較を公開!!

今良い意味でも悪い意味でも色々と話題の、「出前館法人委託配達員」の第二弾記事を書いてみたいと思います。

今回の記事では、ランチタイムと夜少々をメインに稼働する、どこにでもいるフードデリバリー副業配達員であるたけっちの、

PenPen(株式会社ケーアイエム)

企業HP https://penpen-service.com/

前回の不動産関連業務の記事 https://fooddelivery-academy.com/kimgyoum1/

の法人委託報酬を、もし個人委託のままだった場合と比較して公開してみたいと思います。

たぶんこの比較をする人はブログでもユーチューブでも初ではないでしょうか。気になっていた人も多いと思います。

さて、1月は出前館送料無料祭の最終月であり、私も全フードデリバリー配達の約半分の配達が出前館稼働となりました。フードパンダ最後の月でもあったという事で、稼働はほぼフードパンダ、出前館、あと少しWoltでしたね。

では早速、たけっちの1月の出前館配達本数を見てみましょう。

1月7日よりPenPenと委託契約を結び法人アカウントで配達を開始して、配達本数が122本となりました。

ブーストごとの内訳などは以下のようになります。

1.4=2本、1.5=1本、1.6=1本、1.7=1本、1.8=8本、1.9=3本、2.0=2本、2.1=32本、2.2×10本、2.4×6本、2.5×30本、2.6×15本、2.7×1本、2.9×5本、3.0×5本

で122本、これに赤オファー0.3が2本、破損補填がマイナス1本、再配達が1本です。

もし個人委託のままだったら基本報酬が715円となりますので、合計報酬は約201203円となります。1本平均1649円です。

そして法人アカウントに切り替えて実際の振込額は、212795円となりました。(不動産関係の仕事1本分の1170円、レターパックプラス立て替え分含む)

不動産の仕事分を差し引いて、

もし個人委託のままだった場合と比較して、10422円多くなった事となりますね。

具体的な加算額の計算方法は少し複雑なのと秘匿性もあるため、一般公開しているこのブログでは申し上げられませんが(直接PenPenにお問い合わせください)

配達1本あたり平均85円の報酬アップとなりました。

もしバイク配達員なら、ガソリン代と消耗品費が丸々浮くイメージですね!

(あくまでたけっちの稼働地域での2022年1月の場合の計算となります。今後の出前館、PenPenの方針や契約時期、たけっちの稼働地域などにより基準、計算式などが変更になる場合もあります。)

もちろん良い事ばかりではなく、

・報酬支払いが月1回になる(月末締めの翌月10日払い)

・現金をやる場合、まだ拠点に現金精算に行かないといけない(4月以降、法人アカウントも電子清算に移行するとの事)

・個人委託で出前館側から自動的に付く傷害見舞金などは無くなる

・大手に比べ、飲み会やパーティーなどのイベントは無い

・まだ大人数の運営ノウハウが確立されてなく、大手に比べてバタバタする事、対応が遅い事がある

などの複数のデメリットはありますが、より高い収入を得るために出前館でフードデリバリーをやっているなら一考の価値はあるのではないでしょうか。

他の大手法人が付けている特典を全て省いて、報酬単価に特化した法人という事ですね。

特に東京、神奈川、千葉、埼玉以外の県の方にとっては、首都圏と同じ基本報酬で稼げる唯一の出前館法人委託となります。(2022年2月7日調べ)

個人委託のままで搾取されているより、圧倒的に得です。

ウーバーイーツや出前館の個人委託、大手法人でしばらく経験を積んでから、より高報酬、高収入を求める、

自分の事は自分で出来て、配達ルール・モラルを守り、トラブルや事故を起こさない人、真に情報リテラシーの高い、中級者以上向けの法人委託会社

と言えるでしょう。

その代わり配送品質には厳しい会社です。

傷害保険が付かないのですが、どの道ウーバー、menu、Wolt、DiDiなど出前館以外の会社でも配達するなら、自腹で保険には入らなくてはいけません!

今は自転車保険もほとんどの都道府県で法令で自分で加入が義務づけられています。

自転車配達員がフードデリバリー配達で入るべき保険はこちらの記事で解説しています。

そして将来的に、PenPenの本業であるフードデリバリー以外の仕事紹介も発生すると思います。

初期メンバーは優遇すると明言してますし(2021年12月12日当時の発言)、後から入った人は報酬の条件変わるかも知れません。社長の気が変わらないうちに。

株式会社ケーアイエム(PenPen)へのお問い合わせは下記のHP問い合わせフォームもしくはツイッターのDMからお願いします。

https://penpen-service.com/contact

-フードデリバリー配達日報、ニュース, 出前館, 最新記事

© 2022 日本フードデリバリーアカデミー Powered by AFFINGER5