フードデリバリー配達日報、ニュース 出前館 最新記事

出前館法人委託ってどうなんだろう①フードデリバリー以外の初おしごと!!

本日は最近巷をにぎわせている、「出前館法人委託」関連のちょっと変わった記事を書いてみたいと思います。

出前館法人委託もやっていて私の知りうる限りでは最高の法人インセンティブ額を還元、知る人ぞ知る「合同会社ケーアイエム」(近々株式会社化予定、サービス名PenPen)

https://penpen-service.com/

にて、1月24日に横浜で初のフードデリバリー以外の仕事をしてきました。

ケーアイエムの本業である、不動産関連業務の作業代行という事ですね。横浜の配達員が増えたので依頼が取れるようになったとの事。

先日、西東京市のビジネスプランコンテストというコンペでビジネスモデルの発表をしていました。こちらの動画の1時間48分20秒頃からですね。

受注の実績の推移

作業代行というとメッセンジャーやバイク便の会社では、この書類にハンコ押してもらって戻ってきてとか、税関での通関業務関係とかの経験はある程度ありますが、もう昔の話になりますし最近やったことはありません。

候補者募集のメールが来てすぐに立候補したところ無事私に決まりました。

ミッションは、「アパートの部屋チェック、カギの回収とレターパックでの発送」です。

まずLINEで業務の詳細を受け取りました。24日、25日のいずれかに指示通りの作業、点検をこなした後、レターパックプラス(郵便局、コンビニなどで買える全国一律料金で発送できる封筒)にカギを入れて発送するというもの。

当日、ちょうど依頼の物件近くまでの出前館配達のオファーがありましたので、それを配達してからすぐに現地に到着。

この近辺です。※写真には直接は該当の物件は映っていません。

アパートに着き、まず指定された部屋の前まで行き、電気メーターや配管などが入っている扉を開けると、部屋のカギが入っているキーボックスが配管にくくりつけられています。

こういった感じですね。

これを開けると、指示されていた通り中に部屋のカギが入っていましたので、早速部屋に入ります。

事前に知らされていた通り、退去が済んだ家具などが全くないがらんどうの部屋です。

※画像は実際の物件ではなく近いイメージの拾い画です
水が出るか、漏れて無いかもチェック。※こちらも実際の画像ではありません

指示にあるチェックリストに従い、各項目のチェックをしていきます。主な項目はこういったものです。

・内側から鍵が閉まるか

・ドアスコープ(のぞき穴)がちゃんとみえるか

・台所、洗面、浴槽、トイレなどの水漏れ箇所がないか、水が出るか

・ブレーカーを上げて照明、エアコン、インターフォンなどが点灯、作動するかどうか

・ドア、扉、窓の開閉、鍵が閉まるかどうか

・汚れている個所、破損個所などがないか

各部チェックを順番にやっていきます。特に部屋に大きな異常はなくスムーズに行きました。

そして窓の戸締り、ブレーカーを落とし、ドアのカギを閉めて物件を後に。

カギを発送するため近くの郵便局に向かいます。

クライアントにカギを発送するための手段は、「レターパックプラス」でという事なので、レターパックプラスの封筒を購入。

こういった封筒で、封筒に入りきるなら厚さ関係なく全国一律料金で送れる簡易的な宅配便みたいなものですね。

封筒に住所を書き、その画像をLINEで送り、カギとキーボックスを入れて窓口に渡し発送完了。

これで全ての任務が完了です!

たぶんクライアントもお試し発注みたいな感じだったと思うので、これで今回の報酬600円です。 最初から提示されていた金額なのでオーケーです!

ただ、移動の時間、ミスをした場合(カギをかけ忘れたり紛失したり)の責任がフードデリバリーよりも重い事、封筒記入の手間などを考えますと、 継続的な仕事として請け負うには正直な感想を言えば少し安いかな、という印象です。(出前館の配達報酬に比べれば何でも安いですが)

安定して受注できるようになったら、1件800円~1000円は欲しい所ですね。ただ、近所迷惑になるほどの早朝や深夜でなければ完全に自由な時間で、もちろん店での待ち時間のストレスなく、料理が冷めたりこぼれたり、届け先の建物が見つからなかったりという心配なく出来るのはメリットです。

あと、今回は出前館配達のついでで自転車で現地に向かいましたが、配送業務ではないので自家用車など好きな乗り物で出来るのもいいですね。

業務内容も日本語の読み書きが出来ておっちょこちょいでなければ誰でも出来ると思いました。

不動産関係の仕事をしてる方にとってはたぶん初歩の初歩の仕事なんでしょうけど、私にとってはなかなか楽しく出来ました。

今後都内、周辺の県でどんどんクライアント、依頼を増やしていくという事なので、楽しみですね!

今すぐに安定した収入になるという訳ではないですが、いつかは出前館をはじめとしたフードデリバリーの報酬は落ちていきます。その時に備え、

将来的に自転車やバイクを生かしたフードデリバリー以外の収入源も欲しい! ベンチャー企業の成長を見てみたい! という方は、別に出前館の配達はしなくてもいいそうなので是非PenPenに登録してはどうでしょう。

次回の記事では、実際に振り込まれた額を確認して、個人委託のままだった時と比較してどのくらい増えているかを書いてみたいと思います。

パート2、法人委託での出前館稼働での記事出来ました!!

-フードデリバリー配達日報、ニュース, 出前館, 最新記事

© 2022 日本フードデリバリーアカデミー Powered by AFFINGER5